浜松市のものづくりとアルバイトについて

現在はアルバイトの経験を活かし生産管理の職に就いています

シリコンは、電解コンデンサが揺れなどにより外れたり、動いたりしないようにするための接着剤のようなもので、隙間をうまく埋めるように外周をシリコンで覆う作業でした。
始めの頃はきれいに塗ることが出来ませんでしたが、毎日同じような作業を繰り返している内に、諸先輩方からのお褒めの言葉を貰えるまで上達した時にはとてもうれしく感じたものです。
工場の中での作業は、色々なことを経験、自分が得意なものもあれば、シリコン塗布のような不得意なものもありましたが、浜松市のものづくりを経験出来たことは誇りに感じています。
工場ワークはアルバイトをするまでは、同じ作業を繰り返すものだと思っていたのですが、同じような作業でも色々な工程があることを学びましたし、1年も勤めているとかなりのベテランになったようにも思えました。
ちなみに、ラインの仕事は常に動いているなどからも持ち場を離れることは出来ませんが、自分が勤めていた所では、1時間に1度のトイレ休憩がありましたので、その間に用事を済ませるなどが出来たので良かったです。
尚、浜松市の中では主に電気関係の工場でアルバイトをしていましたが、プリント基板の実装なども経験した時には、機械オペレーションも楽しい、こうやって携帯電話や家電品は製造されているなどを知ることが出来たのです。
現在はアルバイトの経験を活かし、生産管理の職に就いています。

以前アルバイトで工場でのモノ作りをしていたもの作りにはベテランと言うものが存在するのだと感心した現在はアルバイトの経験を活かし生産管理の職に就いています

浜松 ものづくりしずテク